松本零士999


作成:2001.09.02  更新:2002.01.11



[PlayStation]
プレイヤー:1人
メモリーカード:1ブロック
アナログコントローラ対応

下から上に向かって新しい日付になってます。

2002.01.07(月)
<我が夢は星の彼方−ハーロック編(続き)>
めちゃめちゃ久しぶり〜。何と前回から4ヶ月も経ってしまいました。や〜っと続きをできる日が来たよ〜。今日は用事があったので会社は休暇をとったんですよね。用事は午前中で片付いたので、午後はゲームタイム。

すごい中途半端なところで中断してたのよね。艦内探索の途中みたいというわけで、探索続行。海賊島で雨森教授と話した後、階段を上るとハーロックの部屋があって、キャラクターカードを入手。ブリッジではミーメや井台半、有紀螢とお話。そういえば、足立博士がいないなぁ?また1部屋ずつ探してみると、医務室にいました。ブリッジへ戻ると有紀螢から「修理完了」のお言葉。ヘビーメルダーへ向け発進しました。そこへいきなり稲妻が。トチローが亡くなったようです。1人、自室で悲しむハーロック・・・。で、ヘビーメルダーで鉄郎に会いました(会っただけ・・・)。ヘビーメルダーを去った後、999からSOSが。鉄郎編で出てきたラーメタルの戦争の件だな〜。海賊島で鉄郎とミライを乗せて、ラーメタルに加勢しに行きました。ここでシューティング。操作を全然忘れてて、「弾を発射するのはどれ〜???」とあちこちボタンを押してるうちに、あえなくLOSE。」やっとR1キーというのがわかったものの、5回くらいLOSEしましたねぇ。相変わらず下手です。。。

ヘビーメルダーのデスシャドウ号の側でトチローに語りかけるハーロック・・・。完。

<閉幕 わが青春の銀河鉄道>
鉄郎を残して999からメーテルが去るシーンから始まりました。「そういう事情があったのね。」という感じ。地球の鉄郎のもとに、辺境で拾ったというメーテルの帽子とパスを持ってエメラルダスとハーロックが来ました。鉄郎はメーテルを助けるため999で出発。帽子を拾ったという惑星Tetsuroへ。3人で手分けして情報収集。操作キャラは鉄郎で、BARフロンティアで聞き込み。そこでの話と艦内での話から、この惑星にトチローが造った究極兵器の艦があって、それが狙われているらしい。アルカディア号でドックの入り口らしきところに到着。3つの入り口があるので、3人で別れて進むことに。まずはエメラルダス。リミテッドバトルも久しぶりなので、かろうじてWINという感じ。どれがロックオンだかロックチェンジだか忘れちゃってて・・・。扉に到達したけど開かず。。。次はハーロック。分かれ道があって、どちらに行けばいいのやら?とりあえず右方向へ進むと、また扉がありました。これも開かず。。。で、鉄郎。分かれ道を直進すると、倒れている兵士からキャラクターカードを入手できました。扉に到達してボタンを押すと、今度は開きました。他の2つの扉も開いて、エメラルダス、ハーロックと合流。台に戦士の銃を並べると、奥の扉が開いて、トチローが足立博士、Dr.バン、雨森教授、真田博士らの協力で造った究極兵器コスモ波動艦が姿を現しました。と、そこに現れてたのはメーテルを連れたシェイド卿。メーテルを人質に奥へと入っていくシェイド卿を、鉄郎が追いかけて、一騎打ちになりました。これがまたどうにもこうにも・・・。あ〜もうバトルは嫌だ〜。このまま永遠に進めなかったら困るなぁと、13号さんのサイトを見に行きました。「攻撃の時は↑を押したまま」というアドバイスがとっても役に立ちました。それまでボロ負けだったのが、これのおかげで何とかあと一息というところまで行けるようになりました。その後何度もチャレンジしてや〜っと倒すことができました。が、相手は死ななかったようで、コスモ波動艦を奪っていきました。

アルカディア号ではトチローがコンピューターとして話ができるようになり、コスモ波動艦に対抗する方法を聞くことができました。鉄郎が持っていた究極の波動ユニット(ここで使うのね〜)を利用してアルカディア号にもバリアを張り、コスモ波動艦のバリアを突破して攻撃、シェイド卿とコスモ波動艦を葬り去りました。アルカディア号、エメラルダス号、999はそれぞれの方向へ。で、エンディング。。。
それにしても、声優陣が豪華よね。主なキャストは昔のまま。これでアニメを見たいなぁ。あ、これをアニメ化すればいいのに。それにしても、保育所のお迎え時間までに終わって良かった良かった。だって、今日中に終わらなかったら次はいつできるやらですもん。あー、終わったー!!
2001.09.03(月)
<魂の旅人―トチロー編>
火星のシチルス亭。アンタレスが戦士の銃についてウェインと話しているところに、機械兵が。で、そこにいたトチローが戦うことに。いきなりサバイバルモードだよ〜。でも1度目でWINできました。ネオガミラスが戦士の銃を狙っているとか。シチルス亭のテーブルの上からキャラクターカードを拾って、バーテンのとこでセーブしてから地球へ。
メガロポリスのホテルでメーテルと相談。機械伯爵のとこへ行った鉄郎をトチローが助けに行くことになりました。鉄郎のことを「ヤツの息子だろ?」と表現していたあたり、もっと詳しくやって欲しかったなぁ。機械伯爵の館へ行って、キャラクターカードと鍵をGetした後中央の扉の中へ。鉄郎もいました。トチローが機械伯爵とまたサバイバルモード。でも動かず待ち伏せ作戦で楽勝。鉄郎をメーテルのところへ送り届けてから、冥王星へ。
冥王星でもメーテルと会う約束だったんだけど、ホテルへ行くと、メーテルは出発した後でした。ラボの管理人さんに鍵をもらってセーブもさせてもらって、ドクターバンのラボへ。ここではトチローに通信が入ってて、シェイド卿という人がコスモドラグーンの設計図を渡さないと真田博士を殺すと脅迫してきました。トチローが「誰か助けてやってくれ」と叫んだら、それが999の鉄郎の耳に。(で、鉄郎はまほろばに行くことになるのよね。) 結局真田博士は殺されてしまったのですが、シェイド卿は雨森教授と足立博士も狙っているということで、ハーロックに連絡をとって、惑星Tetsuroでおちあうことに。トチローは大アンドロメダを倒すために、Dr.バン、真田博士、雨森教授、足立博士と共に、秘密兵器を研究していたらしい。ハーロックに2人のことを頼んで、トチローはヘビーメルダーへ。途中、またネオガミラスに襲われてシューティングゲームが始まりました。いまいち当たらないけど、何とか勝つことはできました。だいぶ損傷を受けたということでヘビーメルダーに不時着。町の「癒しの迷宮」というバーへ行って、ニセハーロックの情報集め。リューズに時間城の場所を教えてもらって時間城へ。時間城では落とし穴に落ちて逆戻りしたりして、面倒でした。ニセハーロックとサバイバルモードの戦闘になって、かなり不利な形勢だったのだけど、うまく良い場所を確保できて挽回、WINできました。ただ、トチローの体がもたず、とどめをさせずにリューズにデスシャドウまで連れてこられました。リューズは以前、エメラルダスに命を助けてもらったので、トチローを助けてエメラルダスにも連絡したのだとか。この後は鉄郎が来て、アルカディアの心になって・・・という展開でした。

<我が夢は星の彼方−ハーロック編>
トチローから惑星Tetsuroで落ち合おうという連絡が入ったところから。2人の博士をかくまうことを頼まれて、タイタンの駅前へ。トチローの実家へ行きました。トチローのお母さんとの会話は何だか面白かったです。息子のお友達〜という感じで。お母さんとお茶していた雪林さんというのが雨森教授で、彼の家でトリさんにキャラクターカードをもらいました。雨森教授をアルカディア号に乗せて、今度は火星へ。ゼロニモの店に行くと、ヤッタランがキャラクターカードを持ってました。金子さんの店では「酒場で聞いてみたら」と言われたので、シチルス亭へ行くと足立博士がいました。アルカディア号へ行こうとしたところに、ネオガミラスの兵が来てサバイバルモードに。1回目は負けたけど、2回目で勝てました。そこでトチローを待ってると、井台半が「トチローはヘビーメルダーにいて動けない」ことを教えてくれました。井台半もアルカディア号に来てもらい、ヘビーメルダーへ。途中、ネオガミラス艦隊に襲われてシューティング。だいぶ、慣れてはきたけど相変わらず下手・・・。損傷が激しいので海賊島で修理することになりました。その間、艦内をうろうろ。調理場のマスさんや部屋のヤッタランと話した後、廊下に出るとアナライザーがいたので話し掛けると、「セーブしますか」と。あー、この言葉が聞きたかったのよ〜というわけで、セーブ。保育所のお迎えに行かなくちゃ〜!
2001.08.20(月)
退院後、夏休みもあるしでずっと休んでいたのですが(だからゲームができたのよね)、明日から出社。今日は貴重なゲーム日だったのに、台風が来たせいでパーだよ〜。夕方になると雨風がきつくなるかもということで、保育所はお昼にお迎えに行きました。午前中は用事でゲームができなかったので、せっかくハーロック編やトチロー編をやろうと思ってたのに出来なかった〜。今度はいつできるのかなぁ。会社に行きだすとなかなか出来ないしねぇ。
2001.08.17(金)
<終章 大アンドロメダ>
999車内では、メノウさんが鉄郎のところに機械の体のカタログを持ってきました。見ないまま大アンドロメダ到着。メノウさんから言われた体は「ネジ」でした。ネジにされそうなところをクレアさんが助けてくれて、迷路の抜け方も教えてくれました。青・緑・青・赤と扉を抜けた後、今度は落とし穴に落ちまくって、なかなか進めませんでした。プロメシュームとの戦いは、プロメシュームの回りをぐるぐる回りつつ撃つという感じでしたが、相手の攻撃に当たってしまって5回くらいリトライしました。たまたまボタンを押しっぱなしで上手く攻撃してくれたので何とか勝てました。でも、これで終わりなのね。この後はお話モードで最後まで進んでしまいました。メーテルは途中で下車し、鉄郎は地球へ。ちょっと最後があっけなかったかな。

<不死身の女―エメラルダス編>
鉄郎編が終わったので、エメラルダスやハーロックでプレイできるらしい。やっぱり次はエメラルダスよね。というわけで、やってみました。場所はヘビーメルダー、鉄郎がニセハーロックを倒した後らしい。デスシャドウ号へ行くと、ネオガミラスがトチローのアタッシュケースを盗んで行ったと老人が教えてくれました。アタッシュケースを開けられるのはかばんを作った人だけというわけで、その人のところでネオガミラスを待ち伏せすることに。メタブラディに着陸して、そこから列車で明日の星へ。青木かばん店のおじさんがその人なのね。ここは普通に暮らさないとというわけで、「宝田緑」という偽名になって、下宿館に住むことになりました。服装もラフな格好で(こんなの初めて見たなぁ)。部屋の机の上にキャラクターカードがありました。公園へ行ってみると平田さんがいて、一緒に酒を飲みました。そこで変質者の話を聞いて下宿館へ戻り、昇太さんの部屋へ行くと昇太さんにチェンジ。変質者(ネオガミラスの工作員)を捕まえ損なったところ、エメラルダスが取り押さえ、トチローのアタッシュケースを取り戻しました。青木さんにカバンを開けてもらうと、中から戦士の銃とキャラクターカードが出てきました。昇太さんのメガネが変質者騒動で割れてしまったので、エメラルダスが代わりのメガネを渡すと、昇太さんがそれをかけた姿がトチローとダブって抱きしめてしまったエメラルダスでした。メタブラディへ戻ってエメラルダス号でタイタンへ。トチローのお母さんに形見の銃を渡しに行きました。家に入ったところで、すぐにエメラルダス号のシーンになってしまうんですが、家の中での2人の会話を聞きたかったなぁ。
2001.08.16(木)
<第10章 影の復讐者>
ワープのせいで、もうひとつの999と交差してしまい、惑星ファントムに不時着。鉄郎とレドリルはメーテルが乗っている方の999に戻るべく湿原を歩いてると、沼のところでキャラクターカードを拾いました。レドリルが沼に落ちたときに、999に乗っていたフィーメさんが助けてくれました。でも彼女とレドリルは何か理由ありっぽい。だいたいフィーメさんってメーテルを狙ってたし。999に到着して惑星ファントムを出発、機械砦駅に到着。機械化人に馬鹿にされて鉄郎が列車を降りてしまったのですが、「早く列車に戻って」と車掌さんが言うので戻ろうとすると・・・何だ列車に乗れないんじゃない。機械化人の誘いに乗るしかないのか。するとやっぱり地下水道に落とされてしまいました。う〜、ここはどこをどう行ったらいいのやら。キャラクターカードも拾ったけど、わけわからん。子供が「紙を拾った」とか言ってたのでそちらを探してみると、地図が見つかりました。とりあえず、ちょっとはマシになったかな。先へ進むとフィーメとサバイバルモードの戦いに。最初は負けたけど、2回目はいいスポットを見つけることができて、待ち伏せ作戦で勝てました。その後、フィーメは機械化人に殺されそうになった赤ちゃんを助けるために犠牲になりました。で、「お父さんのところへ」と。え〜っ!?やっとここまで来たのに、戻るの〜?お父さんがいた場所ってどこよ〜?って感じで、とにかく来た道を戻る戻る。ラッキーなことに上手くお父さんのところに出られて、何とか制限時間内にフィーメのところへ戻って来れました。フィーメは亡くなってしまったけど、メーテルと一緒に999に戻ることができました。
2001.08.10(金)
<第8章 誇り高き詩人>
プライダーがワルキューレに撃たれたので、お医者さんを探しに車両を走る走る。タイムぎりぎりのところで発見〜と思ったのに寝てる・・・。鉄郎も強引に起こそうとしないし〜、手前の人に話し掛けたら「お医者さん」って教えてくれて、やっと起こしに行こうとしたけどタイムアウト。あ〜あ。おかげでプライダーは亡くなってしまいました。

<第9章 時間城の海賊>
メーテルが時間城へ向かったのを追って鉄郎も時間城へ。時間城に到着したところでメーテルにチェンジ。ひたすらドアをめがけて突き進むとニセハーロックのとこに出ました。と思ったら今度は鉄郎にチェンジ。「また入り口からやり直しかい!」と思ったら、リューズが現れてメーテルとニセハーロックのところに連れて行ってくれました。ニセハーロックとの決闘はサバイバルモード。ほとんど動かずに3発くらい当てると勝てて、「よかったー」と思ったのも束の間、第2ラウンドがありました。そこでもとにかく自分は動かない戦法で勝つことができました。で、脱出。カウントダウンがあったので、一目散に出口へ。外に出ると、「クレアさんが倒れてる?」と思ったら、ミライさんでした。その後は映画のトチローのシーンという感じ。トチローがアルカディアの心になって、ハーロックがトチローのお墓に。井上ハーロック、やっぱりいいなぁ〜。ミライさんを送るべくラーメタルへ行ったものの、戦争になっていたのでメーテルのみをラーメタルに置いてヘビーメルダーに戻り、999からハーロックに協力要請。鉄郎はアルカディア号に乗ることになりました。アルカディア号の中をうろうろしてると、蛍さんと台羽正の部屋でキャラクターカードを入手。いよいよ戦闘開始となると、また鉄郎は砲撃手をやるはめに。シューティングはダメなんだって〜。3度目でWINとなりました。
2001.08.07(火)
<第7章 銀河の交差点(続き)>
駅前にいた人に機械伯爵のことを尋ねたら、エメラルダスの話がでました。メタブラディの酒場に時々来るとか。よっしゃ、行かねば。で、その前にホテルへ行ってみると、メーテルがお風呂に。何とも美しいメーテルでした。ホテルでお風呂に入って外へ出ると、いきなり上から物が落ちてきて、気が付くと「野の花」行きの列車の中でした。花子さんの婚約者として彼女の家へ。自己紹介して職業はサラリーマンということに。式の予定は「まだない」、花子さんのことを「愛してる」という選択肢を選びました。「野の花」の駅前でメーテルに会い、トレーダーへ。今度は情報集めに333に乗って「惑星Tetsuro」へ。そこの機械化人と情報交換。金儲けの話をしてあげると、機械伯爵情報を教えてくれました。荒くれさんには「明日の星」を教えてあげました。一旦トレーダーに戻って、次は444でメタブラディへ。砂の谷亭へ行ったけど、エメラルダスのことを聞くと追い出されちゃいました。で、また入ると女性(エメラルダスよね)がサバイバルモードの戦い方を教えてくれたのだけど、難しそう・・・。彼女はすぐに去ってしまったので、エメラルダスを探すべく峡谷へ。適当に歩くとエメラルダス号にたどり着きました。機械伯爵のいる館惑星まで乗せていってもらおうとお願いすると、「腕には自信があるの?」「ある」「見せてもらうわ」とエメラルダスと戦う羽目に。サバイバルモードだよ〜。わけわかんないうちにやられてしまいました。でも乗せて行ってくれるということで、よかったよかった。勝たないといけないのだったら永久にこの先に進めなかったかも。で、館惑星に到着。横の部屋で鍵を入手して進んでいくと、4人を相手にリミテッドバトル。なかなか勝てなかったのだけど、自分には弾が当たらず相手には当たるといううまい場所が見つかって、ひたすらそこから撃って勝てました。その後も4人相手の戦闘が何回かあったけど、おかげで楽勝でした。要は最初の場所から動かずに撃ってればOKだったんですねぇ。相手から鍵も入手できました。で、機械伯爵との一騎打ち。サバイバルモードで何がなんやら・・・。自分がどっち向いてるのかもどっち向きたいのかもわからん。思ったほうへ動かないし、視線も変だし。何回も負けてリトライ。もう動くとわけがわからないので、最初の場所から動かずにいると、ここは結構良い場所で、まず伯爵の頭が見えるので、陰から出てきたところをロックオンして射撃。これの繰り返しで最後はノーダメージで勝てました。後ろから回ってこられるとヤバイな〜と思ってたんだけど、ひたすら同じパターンで動いてました。めでたしめでたしってわけで、エメラルダスにトレーダーまで送ってもらいました。
2001.08.03(金)
<第6章 大四畳半の思い出(続き)>
とうとう出発の日。ラーメン屋のおやじさんに手伝いを頼まれたので、1時間だけ手伝うことに。青木かばん店と下宿館の浅野さんとこに配達。浅野さんに銀河鉄道の話を教えてもらえました。ラーメン屋のおやじさんからはキャラクターカードをもらえました。パスを盗んだ犯人が駅にいたので、浅野さんからの伝言を伝えてパスを返してもらいました。

<第7章 銀河の交差点>
トレーダーステーションに到着。999の隣に停まっていた666の車掌さんに乗せられて、マゼラン観光へ。すると、海賊のネオガミラスに襲われて、鉄郎が砲撃手となって戦うことに。ちょっとしたシューティングゲームみたいだったけど、方向の感覚がわかんなくて、全然違うとこに撃ってたりと、わけわから〜んという感じでした。とりあえず勝てて良かったです。応急修理のためイスカンダルに停車。まほろばから持って来たユニット0の訴えるまま、パーツを集めて作業室に並べると、アナライザーに変身(?)しました。で、彼の導くまま、スターシャの意志を持つマザーコンピューターのところへ行き、「究極の波動ユニット」を託されました。666へ戻ると修理も終わっていたので出発したのですが、またもネオガミラスの攻撃。今度はミサイルをバンバン撃ってきて、ぐちゃぐちゃ状態・・・。何度もリトライしました。こちらもバンバン撃つのに手が疲れるなぁと思ってたら、何だ、R1、R2を押しっぱなしで連射してくれるのね。何とかかんとかWINになったものの、なおもネオガミラスの攻撃がと思ったら、ヤマトが出現。ネオガミラスを撃破してくれました。トレーダーステーションへ戻るとキャラクターカードをもらえました。アナライザーはここで別れてヤッタランに引き取られて行きました。
2001.08.02(木)
<第4章 迷いの星>
メーテルがどこかへ1人で出かけちゃったので、鉄郎はメーテルを探してホテルの外へ。走り回ってる人にぶつかったらキャラクターカードを入手できました。男が通せんぼしてる道が気になるけど、通してくれないし、ラーメン屋ばかり行ってました。秘伝のスープのレシピは教えてもらい損ねました。「もっと手短に」とやったのがいけなかったみたい。「メーテルは機械の体か?」という問いに「分からない」っていつも答えてたんだけど、「違う」にしたらDr.バンのラボに入ることができました。そこで日記を入手。やっと通せんぼしていた男がどいてくれたので、そちらの道へ。クレアさんと出会った後、墓地に到着。シャドウの警告を無視して墓地へ行くと、やっぱり見つかってしまった。シャドウを信じるかどうかという選択肢で「信じる」を選んで「ここでメーテルを待ったら?」というシャドウに「分かった」と答えると、ありゃ〜、バッドエンディングで鉄郎は氷の下に・・・。リトライして今度は「信じない」に。シャドウに日記を見せると、メーテルと鉄郎は999に戻ることができました。
<第5章 時を越えた友>
ここでいきなり、まほろばの羽黒妖さんと大山歳郎の場面。歳郎になって艦内で消えた真田博士を捜索することに。真田博士の部屋で変な装置のボタンを押したせいで、妖さんと歳郎以外は消えてしまい、まほろばは999の進路上に現れました。今度は鉄郎がまほろばへ乗り込みました。ビジネスフロア、レクレーションフロアをうろうろ。レクレーションフロアの更衣室が開いて、そこでカードキーを入手、居住区へ。大山歳郎と佐渡先生の部屋でキャラクターカードを入手し、最下層の飲食街へ行きました。BAR蜃気楼で妖さんと歳郎に会いました。メーテル&妖さんと別れて鉄郎&歳郎組はビジネスフロアの放送室の調査に行きました。その後、艦長室で航海日誌を読み、ブリッジへ。一旦メーテル達と合流したあと歳郎はまた放送室へ。真田博士を見つけるべく研究室を捜索。銃の型のところに鉄郎の戦士の銃をはめてみると、ベッドが動いて隠し部屋に入れました。真田博士は亡くなっていましたが、ユニット0というロボットさんのボタンを押すと、妖さんと歳郎は元の世界へ戻って行きました。ホッとしていると、タイムのカウントダウンが始まってるー。というわけで、急いで999へ戻りました。

<第6章 大四畳半の思い出>
公園でのんびりしていたら、パスを取られてしまいました。大家さんの下宿館に泊めてもらってパス探しすることに。青木かばん店やらラーメン屋で聞き込み。空き巣が怪しいらしい。ラーメン屋でアルバイトすることになって、出前の途中に空き巣を発見。追いかけたものの何度か逃げられちゃいました。でも曲がり角のところで上手く最短ルートを通って曲がると追いつけました。キャラクターカードもGET。この章は町中をあちこち歩き回らないといけないので、疲れる・・・。3Dの操作ってわけがわかんなくなっちゃうのよね。目が回るし。あ〜酔いそう。おいどんの隣の学生とのサルマタ投げ合戦は負けちゃいました。ずっと「セーブしたいのにセーブポイントが無い〜」と思ってたんだけど、おいどんの部屋へ行ったらトリさんがいて、やっとセーブできました。キャラクターカードももらえました。で、あわてて保育所のお迎えに・・・。
2001.07.31(火)
<第2章 眠れる戦士>
タイタンの駅前で見かけたルイちゃん。見た目はまんま「まゆ」ですね。メーテルが誘拐されて鉄郎も行方不明・・・というわけで、プレイヤーは車掌さんです。サラさんにお酒をもらって、駅前にいた平田静子さんに渡してメーテルの帽子を返してもらい、それを証拠に999の出発時刻を1日遅らせてもらいました。大山さん宅に行くと鉄郎がいたので、ここでバトンタッチ。鉄郎はぶどう谷へ。ここでの戦いはリミテッドバトル。早撃ちの時のクイックバトルは簡単だったんだけどねぇ。アンタレスが戦い方を教えてくれました。でもまぁリミテッドバトルもそんなに動かなくていいので何とかなりました。途中、トリさんにキャラクターカードをもらい、セーブもできました。機械男爵とは3回戦って3回目にWIN。メーテルとも会えてホッとしたのも束の間、タイムのカウントダウンが始まってる〜。急いで駅へ。途中、子供の泣き声が聞こえたけど構ってる余裕が無いので無視して先へ。間に合ったけど、サラに頼まれてたルイちゃんは連れて帰れなかったなぁ。

<第3章 ガラスのクレア>
タイタンを出発して食堂車でお食事。鉄郎はハンバーグを食べました。何と、999の車内に機械伯爵が現れてリミテッドバトルに。私にしては珍しく、ノーダメージで勝てました。キャラクターカードも入手。
2001.07.30(月)
入院だなんだバタバタしてたので、やっとこさのプレイです。最初は鉄郎でプレイするしかないのね。やり始めて最初のセーブポイントで、メモリブロックがいっぱいなのが判明。メモリーカードは1枚しか持ってないのでまたやり直す羽目になりました。しか〜し、PSのマニュアルが無くて、メモリーカードのクリアの仕方がわからなくって、あちこち調べて何とか空きを作れました。そういえば、「コスモウォーリアー零」の時もセーブの仕方がわからなくてあたふたしたのよねぇ。で、気を取り直して初めからプレイ。

<序章 出発のバラード>
999であまりにも有名な雪の場面、鉄郎のお母さんが機械伯爵に撃たれるところから始まって、999が地球を出発するまでは台詞を進めるだけで、特になにもやることがない。映画のダイジェスト版って感じかな〜。

<第1章 赤い砂塵の町>
海野広の宇宙艇が999にぶつかって、両方とも火星に不時着。修理のための部品を調達するために、広と鉄郎は町へ。途中「戦士達の墓場」に入ってみたけど特に何も無し。出てくると、ヤッタランが倒れていたので、一旦999へ戻って水筒をもらってきてヤッタランに飲ませました。すると別れ際にキャラクターカードをくれました。スクラップヒルの町であちこち聞き込み。屑鉄屋では「高すぎるぜ」「売れないでしょう?」「金貨10枚でどうだ」で燃料バルブを入手。金子機械店では「そこを何とか」「この店にしかない」「これがないと帰れない」で圧力弁を入手。でもキャタライザーが買えない。999に戻ろうとしても砂嵐でだめだと言うし、ちょっと行き詰まってたんだけど、時々広に話し掛ける必要があるみたい。それがきっかけで話が展開することもあるので。道にいるガードマンにしつこく話し掛けるとキャラクターカードをもらえました。シチルス亭でもキャラクターカードを入手。ここでマスターに話し掛けるとセーブできました。またまたガードマンに話し掛けてると、早撃ち大会に出ることになりました。ウェインさんに銃を借りていざ出場!順調に3連勝したのはよかったのですが、次は広とやることに。やっぱりここは真剣勝負!広を撃ってしまいました。でも広は撃たずに「友達を撃てない」と言いおる。じゃ、撃ってしまった鉄郎はいったい・・・。シチルス亭に人たちも何だか冷たいような。ま、賞金でキャタライザーを入手したので良しとするか。とりあえず話は進んでいくみたいだし。




BACK